外装塗装工事がなぜ必要なのか

塗装の目的は、建物の寿命を延ばすことと二次的被害を防ぐこと

外装塗装には様々な目的があり、ひとつは外壁や屋根などを塗装することで建物の見た目を良くするということが挙げられます。しかしこれだけではなく、外装塗装には建物の品質を向上・維持することで家を守るという役割もあります。
例えば、雨や風・紫外線などを浴びることで少しずつ劣化してしまいますが、定期的にメンテナンスとして外装塗装を行うことで、劣化してしまった防水性や耐久性・耐候性を再び良い状態に戻すことができます。そのため、一般的にも外壁や屋根などの外装は『10年に1度は塗り替えが必要』などと言われています。
塗装などのメンテナンスを怠っていると、建物が壊れてしまい生活に支障をきたします。修理工事をすることになれば大掛かりな作業となり、時間もコストも大きくなってきます。こうしたことからも外装塗装は重要であると言え、さらに、雨漏りによる2次被害を防ぐ効果もあります。
以下に外壁や屋根に塗装することの目的とその効果について、詳しく説明していきます。

ペンターテイナーおすすめ塗料

美観性

美観を保つとともに、外装の保護でお家を長く住めるようにする

新築のように美しい外観を取り戻したり、色を変えてイメージを変更することもできる外壁・屋根のリフォーム。
家の第一印象を決める場所だからこそ、こだわりたいですね。

  • 外壁や屋根は家の顔

    • いつも見えている
    • 家の印象を決める
  • 常にキレイに保ちたい

保護性

紫外線や雨などの環境から大切な家を守る役割も

外壁や屋根は紫外線や雨風にさらされているため、徐々に傷んでくるもの。きちんと補修することは、美観だけでなく健康的な家を保つためにも必要です

  • 毎日の天候や
    季節の寒暖差から
    私たちを守っている

  • 定期的に新しい塗膜層をつくり家を日差し・雨風から守る

機能性

暑~い夏は涼しく、寒~い冬は暖かく

塗料に特別な効果が付け加えられたものを機能性塗料といいます。例えば、遮熱断熱の塗料、防カビ性塗料などです。現代では様々な特殊な機能性塗料も開発されているので、お客様の求める塗装に合った塗料を選びましょう。

  • 今困っていること
    (カビ・藻が生えやすいなど)

  • どんな暮らしにしたいかを考える
ページトップへ
只今、職人による 無料点検実施中