カテゴリ:

質の良い塗装屋をお探しのそこのあなたへ♥️

塗装屋をお探しのそこのあなた〰️❗🙌🙌💓どこの塗装屋が安くてそもそも何をもって安いのか❓そもそも何を基準に塗装屋を選べばいいのか❓安かろう悪かろうにならないために…😨💦💣外壁塗装での手抜き工事や塗れ塗れ詐欺など近年増加傾向にあり 何も知らずに外壁塗装を行うと泣き寝入りなんて事も無くはないこのご時世😨☝️

外壁塗装をお考えの方のため一級塗装技能士橋みみがご説明させて頂きます🎨🖌️👧

ではでは

シーリング工事がある場合は 高圧洗浄より先にシーリング打ち替え工事を行います👌シーリング劣化が酷い場合 雨漏りに繋がる為です😨💦💣↑『シーリング現状です🌟』


↑『シーリング撤去完了です🌟』


↑『シーリング用プライマー塗布🌟』プライマーは密着を良くさせる糊みたいな役割をします


↑今回シーリングの材料は『サンライズ SRシールノンブリードNB50』を使っています🌟シーリング材はノンブリードの物を選びましょう☝️👷


 

今回のシーリング工事は打ち替え工事です👷☝️他にも増し打ち工事という工法がありますが ペンターテイナーではおすすめしていません❗増し打ち工法とは?既存シーリング材の上から新たなシーリング材を打つ工法です☝️👷この工法は既存シーリング材が劣化していないのを前提に施工致します🤡🎨

シーリング材も乾燥時間が必要です☝️時期によっては1日お休みをして次の工程にうつります👌👷

次に高圧洗浄を行います🚰藻やコケ、泥やホコリなど塗装の天敵となるものを徹底的に洗い流します

※嬉しいポイント☝️塗装屋は基本的には土間(地面)や塗らない部分に関しては洗いません❗ですがペンターテイナーではサービス工事として洗っております✨🤡


次の工程は『下地処理作業』です☝️👷塗装はここが一番重要なポイントと言っても過言ではありません❗ 塗れば見えなくなるからと手抜きする業者も少なくないのが現実です💀注意が必要です⚠️👷☝️↑『外壁にクラック(ひび割れ)』  今のクシビキ模様は残したい!とのお客様のご要望により材料はスムースエポを選びました※嬉しいポイント👷☝️スムースエポとは?クラック(ひび割れ)に対しUカット・Vカットをせず ノーカットで1液弾性エポキシ樹脂を圧入します😌ひび割れ幅を拡張させないため 補修跡がほとんど目立ちません🙋そのためクシビキ模様を潰さず クラック補修を行えます🌟👌このスムースエポを知っている業者🎨残念ながら少ないと思います😞 お客様に提案するのも日々の勉強が必要なんです☝️👷↑『スムースエポ注入👷』ペンターテイナーのラブ注入♥️(笑)


↑『スムースエポ注入完了☝️』補修跡 目立たないでしょ😗💓うふっ


↑『スムースエポ後カチオンフィラーを塗布』    ペンターテイナーではこのスムースエポの後にもうひと手間🙆💓 ※嬉しいポイント   スムースエポの補修後をより目立ちにくくする為に カチオンフィラーを上から塗布します👷☝️ なぜカチオンフィラーを塗布するのか❓このスムースエポ補修後の上にそのまま塗料を塗ると光の反射加減でテカって見え 補修跡が目立ってしまう場合があります😨💦 完璧に仕上げる為には 念には念を入れて塗装を行う✨👌それが人です👷👌💓

まだまだ下地処理に時間をやします👌👷お客様にしたら『いつ塗りだすんやーーっ✊😲』ってな感じなのでしょうが もう少々お待ち下さい🙆💓(笑)

 

次の下地処理作業逆プライマーという材料を既存シーリング材の上に塗布していきます🎨🖌️🤡↑既存シーリング材の上に逆プライマーを塗布中

逆プライマーって何❓何で塗るの❓👴 逆プライマーとは❓シーリング汚染抑制用 特殊変性湿分硬化形ウレタン樹脂系バリアプライマーの事でシーリング材に含まれる可塑剤を遮断しシーリング汚染を抑制する塗料です😺単純に言えば シーリングのブリードを防ぐ塗料です☝️👷またまたブリードと言う難しいお言葉👀❗(笑)先ほどもシーリング打ち替え作業で出てきた『ブリード』😨ブリードとは?可塑剤などの配合成分が表面ににじみ出ることをいいます💀ブリード物は 上に塗装した場合に 塗膜を溶かしたり シワを発生させたり べたつき汚れを生じさせます😨💦💣

↑『ブリード』を写真を使ってわかりやすく🙆ノンブリードではないシーリング材を使うとこんな風に黒ずみますよ~😣✋という事です🙅‍♀️新築のお家のシーリング材はほぼほぼの確率でノンブリードのシーリング材ではありません👷☝️予算的問題でしょう😣

話それ過ぎましたぁ~します..🔃(笑)…

てな訳で..簡潔に言うと既存シーリング材の上に塗装をしてもブリードが発生するため逆プライマーを塗布してブリードの発生を防ぎますよ~👷☝️という事ですね✨🙆

次の下地処理作業シープラという材料をシリコンコーキングの上に塗っていきます🎨🖌️シープラとはなのか❓😨 シーリング材(シリコンコーキング)への塗装用プライマーです☝️👷ではではシリコンコーキングとは❓ホームセンターなどでも売っているコーキング材です☝️他のコーキング材よりも安い為 一般の方でも外壁のクラック(ひび割れ)を埋めたりする時や 業者が打つ際には この格安シリコンコーキング材を使うのですが 超厄介なやつなんです😨💦このシリコンコーキング材...塗料を弾いたりと密着がとてつもなく悪いんです💀なので ペンターテイナーは密着を良くする為シープラるんです🎨🖌️このシリコンコーキング☝️ちゃんとした処理をしないと塗料がすぐにめくれてきます😨💦💣

お待たせしました😗💓 やっと塗っていきまーす🙌🎵とその前に…👷☝️ ご近所さんのお家と隣接している場合 塗料の飛散を考え ペンターテイナーでは 2重メッシュシート&ブルーシートを張ります👷☝️


 

そしてやっとこさ次の工程『外壁 下塗り』です下塗り材料は『アンダーサーフDS』です🎨🖌️上塗り材料が『関西ペイント アクアフッ素Ⅱ』という材料なので ライン商品で『関西ペイント ダイナミックフィラー』という下塗り材料を使いたいところなのですが 今回のクシビキなどの外壁材には『アンダーサーフDS』の方が透湿性が良く適している為 今回はライン商品ではありません👷☝️※『この塗料を上塗りとして使う場合には必ずこの塗料を下塗りとして使用してください』というライン商品でしか使えない塗料もあります😨💦一件一件外壁材が異なるので 現場では臨機応変に材料を変えたりする事も大事なのですが  材料を変更する場合には材料同士の相性を知っておく必要がありますっこれも日々の勉強が必要なんです😲💓うふっ

 

次の工程は『外壁 中塗り』です材料は『関西ペイント アクアフッ素Ⅱ』です🎨🖌️🤡外壁塗装の基本は下塗り中塗り上塗りというように3回塗りが基本となっています(中には2回塗り仕様の塗料もあります)🙆💓中塗り・上塗りと言っても上塗り塗料で2回塗るという意味でいうと下塗り・上塗り・上塗りです👷☝️なので中塗りを正確に言うと上塗り1回目という意味です🎨🖌️ 会社によって言い方が異なるので 混乱してしまう方もいらっしゃいます😲☝️ 中塗りを省いて上塗りをすると必ず塗りムラが出来ます😵💣 下塗り一回・上塗り一回で工事を済ませようとする業者もいますので 注意が必要です👷☝️⚠️

 

次の工程は『外壁 上塗り』です先ほども書かせて頂きましたが 中塗り(上塗り1回目)を省いて上塗り1回で仕上げると必ず塗りムラができます😵💣 上塗りとは塗りムラをなくす仕上げ作業になります🙆💓塗装屋さんの中にはしっかり3回塗り塗装をしている事をお客様にわかって頂く為に中塗り塗料と上塗り塗料の色を変えるという塗装屋もいらっしゃるようですが ペンターテイナーではあまりおすすめしておりません👷☝️ なぜか?塗装屋によっては好都合な場合もあります🙌どこかよその現場で使用して余った材料を中塗りとして使用する悪い塗装屋もいたりします😵💣 本当に善意でいう塗装屋もいれば本当に悪徳な塗装屋もいますので こればっかりは信用問題になってきますね😲💓

次の工程は『屋根 下塗り』です材料は『アレスクールシーラー』です🤡🎨🖌️


次の工程は『屋根 下地処理』です↑屋根の棟板金を止める釘が飛び出ていたりする事があります😨💦風で飛んでいきそうになる棟板金を必死に止めていたであろう釘をハンマーで叩いて戻してやります🙌💓トントントントン


↑屋根の棟部分(板金)のケレン作業✨🤡 塗料の密着を良くするために ※ケレン作業は地味な作業ですが 超スーパーウルトラ必要な重要工程です⚠️


↑屋根の棟板金サビ止め塗布🎨🖌️ 実はこの屋根の棟板金にサビ止めをいかない塗装屋👷そこそこいんです😲☝️ 板金も屋根と同じ材料で下塗り・中塗り・上塗りと塗装しても密着的には問題がないようなのですが されど屋根材と板金とでは 材質が異なりますので ペンターテイナーでは 鉄部にはしっかりサビ止め塗布を行います🎨🖌️🌟


※嬉しいポイント  ペンターテイナーでは屋根の棟板金を止める一本一本の釘頭にシーリングを打っていきます🙌隙間からの雨水などの水の侵入を防ぐためと釘の抜け防止の為です👷☝️ ペンターテイナーのひとつひとつの工程がお客様の大切なお家への愛です😗💘


↑タスペーサー挿入     タスペーサーとは?タスペーサーは 屋根塗装時の縁切り作業の作業効率を良くする部材です🙌💓何よりも 屋根塗装を行う時は タスペーサーを使えば 作業効率が良くなるとともに適切な塗装工事を行えますので 長期的に下地への通気性を確保できます🤡🎉🎨🖌️ここでそもそも屋根の縁切り作業は絶対しなあかんの❓となりますよね❓🙌縁切り作業とは?←言い方だけ聞くと響きの悪い『縁切り作業』😨💦💣ですが薄型化粧スレート屋根(スレート瓦)『カラーベスト・コロニアル』の屋根の塗り替え時にはとっても必要な作業なのです☝️👷✨縁切り作業とは❓屋根材は 1枚1枚が重なり合って ひとつの『屋根』が形成しています🏘️✨この屋根材が 重なり合っている部分には ちょっとした隙間があります☝️👷屋根材と屋根材の間のちょっとした隙間のアップ写真☝️      実はこの隙間には 屋根の内部に入り込んでしまった雨水などの水を排水するという 非常に重要な役割があるんです✋😲屋根塗装をすると…屋根が重なり合った部分の隙間が 塗料で埋まってしまいます😨💣💦隙間が塗料で埋められてしまうと 雨水などの水が隙間の中に溜まってしまい 内部に溜まった水に 屋根外側の水もどんどん吸い寄せられるという『毛細管現象』というが現象が発生します💀水がどんどん屋根材の内部に浸水すると 屋根材の下にあるお家を支える部材などが腐ってしまったり 室内への雨漏りに繋がるなど 屋根や住宅にさまざまなリスクをもたらしてしまいます😢🏘️💔

難しい話はさておき 屋根材と屋根材の間の隙間は雨水などの水の出口なので塞いではいけません⚠️タスペーサーを入れるか縁切り作業をしないといけませんよー👌😲というお話☝️👷 ほんでもってタスペーサーを入れた方が適切な塗装工事ができて安心ですよー🙌💓という事なのです🙆✨このタスペーサーにもシングル工法ダブル工法というものがあったりそもそもタスペーサーを使用しない場合もありますので 施工する際には 業者に確認してから 施工をするようにしましょう🙌✨

次の工程は『屋根 中塗り』です  壁と同様に屋根も基本的には下塗り・中塗り・上塗りというように3回塗りです🙆✨場合によっては塗り回数が増える事はありますが 塗り回数が減る事絶対にありえません(2回塗り仕様の塗料の場合は例外です)☝️👷


『なんちゃって業者』による施工不良屋根写真です😱どういった施工不良でこんなムラになるか経緯がわからない為 何とも言えませんが…完全なる施工不良です😨💦

↑こちらの『悪徳業者』による塗装は お客様が家の中の窓から見える部分の下屋根はしっかり塗装をしているのにお客様が家の中の窓から見えない部分の大屋根は塗装が剥げてしまいボロボロです☝️😵悪徳業者は平気でこのような事をします💀💔

屋根はお客様から見えない所です☝️👷 信用できる業者に工事を依頼しましょう🙆💓

お話をしまして🔃

次の工程は『屋根 上塗り』です↑外壁と同様に上塗り塗りムラなどをなくす仕上げ塗装になります🙌✨材料は『アレスクール2液F』(フッ素塗料)で塗装しました😺✨


次の工程は『付帯塗装』🙆なんですが…実は意外と知られていないお家の『付帯箇所』😨💦付帯とは❓これを全てご説明すると長ーーいお話になっちゃいますので 全世帯に共通するポピュラーな付帯箇所のご説明させて頂きます🙆💓

↑『付帯箇所 水切り

↑『付帯箇所 雨樋』塗料の密着を良くする為に 樋全体にもケレン作業を行います👷☝️ ツヤツヤが長持ちしますように…🌟と心を込めて作業を行います👧💓何でも気持ちが大事なんです🙆💓(笑)

↑『付帯箇所 雨樋の金物』

↑『付帯箇所 鼻隠し』鼻隠しとは❓横樋がついている裏にいる板の呼び方です🙆 塗装歴2年目くらいまでずーーっと破風板だと思っていました🤪🌀(笑)

 

↑『付帯箇所 唐草』唐草とは❓屋根の先端にあるトタン部分の事です🙌 分類で言うと屋根なんですが 今回は付帯箇所として塗装しました👷☝️↑唐草のケレン作業中~🙆

 

付帯箇所 軒天井』クラック(ひび割れ)などがある場合は補修後の塗装になりまーす👷👌

その他付帯箇所の写真が…😨すいませんっ💦またの機会によそ現場の写真をご用意します🏃‍♂️💨

付帯箇所 破風板』『付帯箇所 シャッターや雨戸』『付帯箇所 笠木』『付帯箇所 出窓 天板』などの付帯箇所があります🙌💓付帯私流に簡単に言うとお家本体の付属品的な❓違うかーーっ😨💦(笑)

壁塗装のチラシなどを見ていると戸建ての外壁塗装¥498.000パックなどのパック価格を目にする事もあると思いますが あれ実はこの『付帯塗装』やもろもろ金額が含まれていない事が多くあるんです❗ 安く見せるための広告テクニックというやつですね😨💦 パック料金の会社は結局は高くなりますので 気をつけてくださいね👌💓ペンターテイナーはここまで真面目に愛を込めて施工していながら なんと❗大阪府八尾市の外壁塗装専門店の最安値店なんです🙌💓ワーイワーイ

ここでビフォー アフターショーの始まり始まり~👀📷✨

↑外壁塗装 施工前

 

 

↑外壁塗装 施工後

 

↑屋根塗装 施工前

 

↑屋根塗装 施工後

 

↑バルコニー防水 施工前

 

↑バルコニー防水 施工後

 

なんじゃかんじゃでくなってしまいましたが先ほどのお家は外壁塗装も屋根塗装も付帯塗装も全てお家丸ごとフッ素塗料で塗り替え工事を行いましたので ペンターテイナーの最長年数保証の10年保証書発行しました☝️👷当社ペンターテイナーは完全自社職人の責任施工で塗装工事を行っています🎨🖌️職人のプライドにかけて保証書を発行していますので ふざけた施工は致しません安心して施工をご依頼ください🙌💓もちろん ご相談だけなども大歓迎です✨🙆

最後までお読み頂き ありがとうございました☺️

 

『塗装で人に笑顔を 建物に愛を』🤡✨🌟★★★
国家資格✨一級塗装技能士による外壁塗装専門店
ペンターテイナー株式会社
大阪府知事許可(般-1)第152087号
➿0120-52-1116
〒581-0056 大阪府八尾市南太子堂4-3-85
TEL:072-975-6080/FAX072-975-6090
E-mail:info@pentertainer.jp
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

 

 

ページトップへ
只今、職人による 無料点検実施中